少ない服とバッグの中身

【ミニマリストのクローゼット】中身をスリム化!掛けるとしまうでメリハリ収納

 

ども、ミニマリストふっこです。

 

悩める主婦
悩める主婦
クローゼットのゴチャゴチャをどうにかしたい!でも、どうやったらスッキリするの!?ミニマリストのクローゼットの中身を参考にして見たいです。

 

今回は、こんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

・ミニマリストふっこのリアルクローゼット
・6アイテムワードローブで中身のスリム化
・“掛ける”と“しまう”でメリハリ収納

 

ふっこのクローゼット、実は押入れです…

ふっこ
ふっこ
ドアが左右どちらかにしか開かないので、両パターン撮って繋げてみました。

 

実際にわたしの服が入っているのは、真ん中の1段だけ。他2段は夫婦共有物を収納しています。

使ってみて分かったのですが、押入れ収納って“使い勝手が計算されていない所に仕切りがあるから、収納に限りがあるんですよね。

ふっこ
ふっこ
わたしの押入れの場合、2段目と3段目の間に仕切りがなかったら、アウターが掛けられる収納スペースになっていたはず…。

 

リフォームする時には、そんなこと全く頭になかったのでしょうがない笑。それならば、限りある収納スペースに、物を合わせちゃおうって思ったわけです。

 

6アイテムワードローブで中身のスリム化

 

以前は、着ない服ですら「いつか着るかも」とストックしていたわたし。収納スペースに限りがあるなら、服の数を減らさなくてはいけなくなりました。

そこで(何年か試行錯誤をして)辿り着いたのが、定番6アイテムで作る1週間ワードローブ

ふっこ
ふっこ
【春夏】【秋冬】それぞれ6アイテムに絞ります。

 

6アイテムで作るワードローブについては、コチラの記事に詳しく書いています。

https://fucco-minimum.com/wardrobe_ss/

 

掛ける収納で見える化

 

Tシャツ、カットソー、パーカー、カーディガンにパンツ類まで、服はハンガーに掛けて収納しています。

ふっこ
ふっこ
パーカーやストールは、寒さ対策(夏は冷房)として1年中必要なので、この位置をキープ!

 

肩が伸びて欲しくないカットソーなど掛けるので、滑らないmawa(マワ)ハンガーを購入。滑らないだけじゃなく、スリムでデザインもシンプルなので、クローゼットがスッキリして見えるんですよね。

ふっこ
ふっこ
わたしは、エコノミック36パンツシングル35cmを愛用中!

 

しまう収納(引き出しケース)から掛ける収納(ハンガー)にしてみて、日々実感しているメリットはコチラ。

 

ハンガー収納2つのメリット
  1. 服がパッと把握できる→「どこ?」と探さないので時短!
  2. 服を戻しやすい→畳まなくていい!!

 

ドアを開けるとパッと服が見えるので、今日着る服が瞬時に把握できます。

ふっこ
ふっこ
今までは「あの服どこ行った〜?」の時間が、貴重な朝のロスタイムに…。

そして…洗濯後や帰宅後に服をしまう時、畳まなくていいって本当に楽チン!ハンガーにサッと掛けて完了です。

 

 

しまう収納で見えない化

 

下着やインナー類は、無印のPPケース3段に収納しています。

押入れのドアを開けた時にもスッキリ見えるように、目隠し用インデックスは欠かせないアイテムです。

ふっこ
ふっこ
ネットストアでは在庫切れのようですが、実店舗では取り扱っているところもあるみたい!

 

ケースにしまうアイテムの判断基準は、見られたくないか数が多いアイテムかどうか。靴下や手ぬぐいの他に、わたしの場合【春夏】パジャマ(Tシャツ)を収納しています。

【ミニマリストのパジャマ】季節ごとのマイルールとおすすめパジャマ3選!小物をプラスして睡眠力アップを狙う ども、睡眠環境は大切!!なふっこです。 https://fucco-minimum.com/airy_1/ 今回は、...

 

衣替え用収納は1つ!入らなかったら処分する

 

【春夏】シーズン中は秋冬物を、【秋冬】シーズン中は春夏物をPPキャリーボックスに収納しています。

衣替え収納ルールは、“このボックスに入らないなら処分する”。

ふっこ
ふっこ
服の管理と、衣替えの手間を少しでも減らすためのマイルール!

 

例えば…ボックス内が秋冬物なら、マフラーや手袋、スウェットやニットなど、アウター以外の秋冬アイテムを全部を収納しているというわけです。

秋になったら、ボックス内の服をPPケース3段と、ハンガーへ移動。反対に今まで掛かっていた(仕舞われていた)春夏アイテムが衣替えボックスへ移動します。

 

アウターは1年中出しておく

ふっこ
ふっこ
最初にお話しした通り、押入れ収納って高さの仕切りがあるんですよね。トレンチコートなど、ちょっとでも丈の長いアウターって押入れの中に収納できないんです〜。

 

夫のクローゼットは、すでにパンパン。これ以上お邪魔するのは無理なので、1年中しまわずに出しておくことにしました。

ふっこ
ふっこ
山崎実業の商品は、『使い勝手・コスパ・デザイン』のバランスがいい!無印同様、好きなブランドです。

 

実際にラックに掛けているアウターは、トレンチコート、レザージャケット、ウインドブレーカー。小物用フックが付いているので、帽子とUNIQLOのウルトラライトダウンを掛けています。

 

ふっこ
ふっこ
ラックは、玄関からリビングまでの廊下に設置。ラックの幅がわずか38cmなので、わが家の狭い廊下でもスリムに置けていますよ!

重さが1,400gと、女性でも片手で持てるくらい軽量なので、設置したい場所に自由に持ち運べます。

 

まとめ:クローゼット収納3つのポイント

 

6アイテムワードローブで、中身をスリム化

掛ける収納としまう収納でメリハリをつける

衣替え用収納は1つだけ!入らない分は処分する

 

クローゼット(押入れ)の中がスッキリしていると、中身が把握しやすいので、身支度が楽チン。そして風通しがいいので、夏場に湿気がこもりにくいというオマケも!

 

最初は「押入れ収納かぁ…」と、すこ〜しテンションが下がり気味でしたが、今ではこの限られたスペースに、やりがいさえ感じています。

 

“掛ける”“しまう”、ふたつの収納術をバランスよく取り入れて、ぜひスリムなクローゼットを作ってみてくださいね!

 

では、また!!