おすすめ本

書評:『お金の真理』10年後のためにやるべき7つのこと【ミニマルな暮らしのすすめ】

ふっこ
ふっこ
「秒速で1億稼ぐ男」と言われた与沢翼さんの新刊『お金の真理』を読みました。
この本に書かれていること
  • 転換期の今、10年後のためにやるべきこと【すぐにできる】
  • 断捨離とミニマルな暮らしは必須
  • お金は備蓄、備蓄はパワー【ライフコストの見直し】
  • 副業はのんびり継続
  • 今後の流れを予想…
  • 「秒速で1億稼ぐ男」の集大成

この記事は『お金の真理』についての書評を書いていきます。

転換期の今、10年後のためにやるべき7つのこと【すぐにできる】

この本を手に取った今のわたしの状態はこんな感じです。

  • 世界的に転換期の今、やらなきゃいけないことを模索中
  • すぐに行動に移せるように再現性が高いモノを求めています

読了後にわたしが「これは今からすぐにできる!」と思った、7つのやるべきことを書いていきますね。

ちなみに7つの内訳は、暮らしに関することが4つ、お金に関することが3つです。

暮らし①:ピンチの時こそ断捨離

与沢さんの考える断捨離のメリットは以下のとおり。

  • 断捨離でできた余白と余力で、断捨離で残した大切なモノへ全力投球できる
  • 捨てる時は痛みを伴うが、次に同じ失敗を繰り返さない
ふっこ
ふっこ
余白は埋めるのではなく、残ったモノへの余力にしておきます。

暮らし②:必要十分で満足する習慣づくり

習慣づくりとはこんなこと…

  • 禁欲ではなく、欲望の暴走を止めよう
  • 腹八分目で満足できるように癖づける

自分の満足できる基準を徹底的に下げる、つまり足るを知るということが大切と書かれています。

ふっこ
ふっこ
わたしの場合は衝動買いしそうな時に思い出したいコトのひとつです。

暮らし③:ミニマルな暮らしを心掛ける

与沢さんの口からミニマルな暮らしという言葉が出るなんて…と衝撃を受けたものです。

お金のプロである与沢さんは、ミニマルな暮らしを心掛けて「やりたい事への軍資金を作ろう」と書いています。

具体的には…

  • メルカリなどで不用品を売る
  • サブスクなどの定期サービスも見直す

 

不用品を売るメリットは次のとおり。

  • いかにムダ買いをしていたか嫌という程わかる
  • モノの在庫が把握できるのでダブリ買いをしない

軍資金を作る手段として書かれていますが、モノに対する心掛けでもありますよね。

暮らし④:小さな成果をもっと喜ぶ

すべては心の在り方しだい、毎日の小さな成果をもっと喜びましょう。

ふっこ
ふっこ
これはすぐに実践できそうだと思ったので、毎日寝る前に「できたことメモ」を書くことにしましたよ。

お金⑤:お金は備蓄、備蓄はパワー

家計も企業と同じく、余力のある時に貯めておき、必要な時に少しずつ使う。

ふっこ
ふっこ
ダムをイメージするとわかりやすいですね。

欲しいモノを買って良い基準は、(ダムに)たくさん貯まって、溢れた範囲内がちょうど良いのだそう。

溢れた分を使うなら、楽しんで消費できそうですよね。

お金⑥:心を満たす最低限度の支出は?【ライフコストの見直し】

ライフコストとは、精神状態を良好に保てる最低限度の支出のこと。

ライフコストを切り詰めることで、お金も無理せず貯まっていく仕組みですね。

ふっこ
ふっこ
人によって支出額は変わるので、自分のマネーフローを見直すことにします。

お金⑦:副業のコツは「期待しない」こと

与沢さんは節約よりも稼ぐ力をつけることをすすめています。

ふっこ
ふっこ
副業は必須ですね…!

副業を継続して成功させるコツは「期待しない」こと。

  • のんびりと続ける
  • だんだんコツが掴めてくる

 

ちなみにmotoさんの『転職と副業の掛け算』と同じく、所属している会社は辞めずに、すきま時間を上手に使って稼ぐ方がお金を貯めやすいのだそうです。

なぜなら精神的に安定した状態で作業できるから

最初の一歩を踏み出すのに躊躇しがちですが「挑戦することは生きがいや学び。そこで感じたことは確実に次に繋がる」とも書いありましたよ。

今後の流れはどうなるの?

本の中では、在宅や巣ごもりで家の中に投資する流れや、家の中を充実させるサービスが隆盛を極めると予想しています。

ふっこ
ふっこ
今よりもっと「家の中」に注目が集まるってことですね。

『お金の真理』まとめ|読了後に行動したこと

『お金の真理』を読んで実行に移したことは次のとおりです。

  1. 自分の持ち物を見直し→メルカリで断捨離→反省
  2. 毎月の必要支出額を書き出す→ライフコスト算出の実験開始
  3. 毎晩の「できたことメモ」で小さな自信を積み上げる
  4. 理論的に暮らしを見直しと挑戦→整理収納アドバイザー1級取得を目指す(現在準1級)

 

いつもの毎日に「今やらないと10年後の未来はないよ?」とスッと矢を射られたような静かな衝撃を受けた一冊でした。

メディアで拝見していた与沢さんのイメージとは良い意味でかけ離れた、とてもやさしい文体(口調)で、どんどん読み進めました。

ご自身いわく「今までたくさん失敗したからこそ書ける本」なのだそうです。

『お金の真理』というタイトルですが、お金だけじゃなく、モノや暮らし方についても学び多き本でした。

「きっと何かを変えていかなくちゃいけないんだよね?」って感じ始めてる方に、ぜひ手にとっていただきたい一冊です。

ミニマリストを目指すなら読むべき本【おすすめ5選/コスパ良すぎ】 ども、ミニマリストふっこ(@fucco0316)です。 今回はこんな質問にお答えします。 この記事に書いてあること...