整理収納

【ミニマリストの文房具】断捨離4つのステップと収納、増やさない5つのルール

 

ども、文房具好きミニマリストふっこです。

ふっこ
ふっこ
新卒で入社したのが、ドイツ製ペンメーカー(L○MY)の日本の輸入総代理店だったので、好きが加速!

 

文房具は大好きですが、持っているアイテム数は少ないです。少なさをキープできるように、心がけています。

 

悩める主婦
悩める主婦
文房具って、気づくと増えてる気がする…。引き出しにいっぱいあって、ゴチャゴチャ。どうしたらいいの!?

 

今回は、こんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

・文房具断捨離4つのステップ
・文房具収納のコツ
・文房具を増やさないための5つのルール

 

文房具の断捨離4つのステップ

実際にわたしがやっている、文房具を断捨離するステップをご紹介します。

ふっこ
ふっこ
この4つのステップ、文房具だけじゃなくて服や食器など他のアイテムの断捨離にも応用できますよ!

 

①全部出してアイテム分けしてみよう

家にある文房具を全部出して、アイテムごとに分けます。

 

この段階で「いくつあるか(数)」は、気にしなくてOKです。ひたすらアイテムごとに分けていきます。

ふっこ
ふっこ
ダイニングテーブルなど、広いスペースで作業するのがオススメ!

 

②文房具をリスト化しよう

アイテムごとに分けたら、自分に(家庭に)必要ないアイテムを取り除きます。

例)
・最後にいつ使ったのか不明な筆ペン
・学校でしか見たことないような画鋲

ふっこ
ふっこ
“いらないボックス”を用意して、そこに必要ないアイテムを入れていくと散らからずに作業できますよ〜。

 

必要なアイテムだけになったら、“文房具リスト”を作りましょう。この時点でも、数は気にしないでOKです。

 

メモするのでもいいですし、こんな風にiPhoneのメモ機能に入れておくのもオススメです。

 

ふっこ
ふっこ
必要アイテムはそれぞれの家庭で異なるので、自分の家に合ったリストを作ってみてくださいね。

 

③定数の基本は“1アイテム1つ”

リストアップしたアイテムの定数を決めていきます。それぞれの家庭ごとに、必要な定数は変わってくると思うのですが、基本“1アイテム1つ”です。

「あった方が便利かな〜」は断捨離の敵なので、まずは“1アイテム1つ”に設定してみましょう。

 

④文房具は捨てずにリユースできる

あとは、作成したリストと定数から外れたアイテムを処分していきます。

 

悩める主婦
悩める主婦
処分って捨てるってことですよね?まだ使えるのにモッタイナイ気がして、ここでいつも躊躇してしまうんです。

 

ふっこ
ふっこ
断捨離=捨てるって思われがちですが、それだけじゃないんですよ!

 

ボールペンの場合、同じ種類が何本もあるなら、メルカリでまとめ売りもできます。
▶︎メルカリ

 

リユース商品として、アジアの発展途上国の子供達に活用してもらうこともできます。
▶︎エコトレーディング(国際NGO Child Fund Japan)

 

悩める主婦
悩める主婦
次に繋がると思うと、断捨離にも熱が入る!

 

リユース先が決まったら、これで文房具の断捨離は完了です!

文房具収納のコツは“ケース1つで余白を作る”こと

文房具収納って何が正解なのか迷走中だった時に出会ったのが、こちらの本の表紙(左上)でした。

ふっこ
ふっこ
基本は電子書籍派のふっこですが、この本は別腹!わたしにとって、“ミニマリストの教科書”と化しています!

 

この本を読んでから、私流に少しアレンジして、ケース1つで余白を作るを意識しています。

サイズ:7×25cm

文房具用ケースは、ダイソーです。

ここにわが家の文房具を収納。キチキチにならないように、余白を意識します。

 

この文房具ケースを、パソコン作業机のオープン引き出しに収納しておきます。

ケースの右隣は無印の電卓

 

物の居場所が決まっていると、使った後に自然とその場所に戻ってきます。あちこちにアイテムが散らばっていると、使った後もまた別の場所に置き去りにされますよね。

ふっこ
ふっこ
使ったら戻さない夫も、「文房具はココにしかない!」と自然と認識したようで、使ったらケースにポンと戻すようになりましたよ〜!

 

nikaさんは引き出しの中に、ダイソーの仕切りとニトリの滑らないシートを使って、物の指定席を作っているそうですよ。

 

ふっこがnikaさんから受けた影響は大きく(!)、こちらの記事にも↓。

 

【ミニマリストのゴミ箱】生ゴミは冷凍庫で一時保管、トイレにサニタリーボックスは無し! ども、ミニマリストふっこ(@fucco0316)です。 今回は、こんな疑問にお答えします。 この記事の内容 ...

 

文房具を増やさない5つのルール

文房具の断捨離を何度も繰り返してきたわたしの、“文房具を増やさないためにできること”はこちらです。

 

文房具を増やさない5つのルール
  1. 頂き物をいただかない
  2. ちょこちょこ買いをしない
  3. 文房具メーカーを決めてしまう
  4. あったら便利かも?→今必要?
  5. アイテムの居場所を徹底する

 

1.頂き物をいただかない
ノベルティやおまけなど、文房具って買わなくてももらえる事もありますよね。せっかく断捨離できたのですから、これからは「もらわない」ことにしてみましょう。

 

ふっこ
ふっこ
仕事柄、製薬会社の説明会でノベルティ(文房具)をいただく機会が多いのですが、自宅には絶対に持ち帰らないようにしています!

 

2.ちょこちょこ買いをしない
「今ペンが必要だけど、持ってない…。」そんな時、コンビニや100均でつい買ってしまうことってありませんか?

ふっこ
ふっこ
ちょこちょこ買いって、物が増えてしまう大きな原因にも!

 

わたしはちょこちょこ買い防止策として、かさばらない薄手のペンケースを持ち歩くようにしています。

ふっこ
ふっこ
文房具そのものは軽いので、いつもバッグにin!

 

無印の片面クリアケースは、『軽い・かさばらない・デザイン(色)良し』と条件が揃い過ぎているので、使用頻度高く愛用しています。

▶︎無印良品 片面クリアケース 100×165mm

 

3.文房具メーカーを決めてしまう
「ここのしか買わないぞ!」って決めてしまうと、楽チンです。本当に必要なアイテムなら買いに行きますよね。わが家は、無印率高し。

ふっこ
ふっこ
メーカーを揃えておくと、見た目もスッキリ。アイテムごとにサイズ感が同じだったりと、ケース内での収まりも良い気がしていますよ〜!

 

4.あったら便利かも?→今必要?
「今」必要ないなら、買わなくていいです。

ふっこ
ふっこ
お店で「あったら便利かも!?」とひらめいても、「今必要?」と自分に聞いてみて!

 

5.アイテムの居場所を決める
場所を決めたら、家族に教えてあげましょう(もしくは、言わなくてもわかりやすい場所に設置)。

ふっこ
ふっこ
使ったら戻さないと、「代用品はないんだよ〜」ってことを自然と叩き込むわかってもらいましょうね!

 

まとめ:文房具の断捨離、収納、増やさない仕組み

 

今ある文房具をリストアップ→定数決め→断捨離

収納はひと目でわかるように、余白重視!

『もらわない、家に持ち込まない、つい買わない』増やさない仕組み化

 

文房具って、クローゼットや食器棚に比べると小さいスペースですよね。「断捨離したいけど、できるかな?」っていう断捨離ビギナーにオススメのカテゴリーでもあります。

 

ぜひ、“小さいところからコツコツ”整えてみませんか?“小さいところ”を積み重ねて、いつのまにかスッキリ&シンプルな空間っていうのも夢じゃないかもしれません。

 

では、また!!