おすすめ本

【夏のステイホーム】7月に読んでよかった本5冊【涼しい部屋で読書を愉しもう】

 

2021年も後半戦。

いまだ全力ステイホームの中、「暮らし全般」「今後の働き方」「生き方」に関する本を選んでいたようです。

※7/20現在、読んでいる本もあるので随時更新していきますねᐠ(  ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ

『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』

 

「ごはん」を「片づけ」に置き換えて読んでみて

 

こんな人におすすめ
  • やらなきゃいけないのわかってるけど「片づけがしんどい」人
  • 家族が片づけに協力的じゃないなと悩んでいる人
  • 片づけがラクになりたい人

料理研究家コウケンテツさんの、クスッと笑えるエッセイ&暮らしのレスキュー本。※かんたんレシピも入っています♪

料理も片づけも、そもそも学校で教わらない

(特に女性は)料理も片づけも、できて当たり前と思われていますよね。

ちなみにわたしは、料理が苦手です( ´•௰•`)

苦手なことを頑張るのって、正直しんどい。

それでも頑張る人へ(あなたへ!わたしへ!)、「料理ってこんな考え方でいいんだ♪」と心がラクに、読了後は元気になれる1冊です。

ごはん作りの本ですが、すべて「片づけ」に置き換えながら読めますよ。

Kindle Unlimited対象作品だよ。

『未来の働き方を考えよう』

 

30代後半に出会っておきたかった!

 

こんな人におすすめ
  • 「今の仕事を定年まで?」と疑問を持ち始めた人
  • もうすぐ40代。今後の働き方をそろそろ考えたい人
  • 40代突入。今のままの働き方でいいのかな?とお悩み中の人

社会派ブロガーちきりんさんの、なんと2013年に出版された働き方本。

8年経った今読んでも、突き刺さる箇所が盛りだくさん。働き方本のバイブル的存在ですね。

職業人生は2回あるよ

  • 〜40歳まで:パッケージングされた働き方
  • 〜40歳以降:オリジナルの働き方

パッケージングは、旅行をイメージするとわかりやすいです。

初めての海外旅行なら、比較的ラクなパックツアーを選びますよね。

働き方も同じで、大学卒業→会社に就職。こんな働き方パックの人は多いはず(わたしもそうです)。

40歳って、60歳を定年とすると、働き始めてから終わるまでの真ん中の位置に。

そんなこれからの職業人生が20年(!)の40歳から「オリジナルの人生を創っていくと人生楽しいと思うよ」っていうメッセージをちきりんさんから受け取れます。

もちろん30代だけじゃなく、わたしのような40代で「これからの働き方を路線変更したい」と考え始めた人も読んでおきたい1冊です。

『「心」がわかるとモノが売れる』

 

心で売るためには、自分の暮らしが大切

 

こんな人におすすめ
  • SNSで発信している人
  • ブログでアフィリエイト頑張っている人
  • マーケティング本に疲れている人

著者の鹿毛康司さんは、消臭力(エステー化学)のCMを手がけた方。※経歴がとても興味深いので、そこはぜひ読んでみて♪

商品のスペックを押すのではなくて、お客様の「心のツボ」を押すCMづくりをされています。

この「心のツボ」=「インサイト」の見つけ方が書かれている、心のマーケティング本です。

日常を丁寧に過ごすことが、お客様の心の理解に近づく

お客様の心のツボを押すには、自分の心を育てていくのが大切なのだそうです。

  • 読書をする
  • 映画を観る
  • 散歩をする
  • 物を買う

日常のひとつひとつを丁寧に過ごすことで、自分の心のツボを知る。

まずは一人の生活者として心のツボを感じてから、お客様の心に近づいていこう( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

そんな温かい「心」のマーケティング本です。

created by Rinker
鹿毛康司 日経BP 2021年5月20日

『読書は「アウトプット」が99%』

 

やっと見つけた!アウトプットの教科書はコレ1冊でOK

 

こんな人におすすめ
  • 本を読んでも内容が入ってない気がする人
  • アウトプットの方法が知りたい人
  • 今までアウトプット本を読んだけどピンとこなかった人

アウトプットに関する本を何冊か読んできましたが、どれも続かない( ´•௰•`)

そんなアウトプットジプシーに終止符を打ってくれたのが、この1冊。

「週末起業」の提唱者でもある著者、藤井孝一さんのやさしい語り口で、すいすい読めます。

「用の美:物は使ってこそ意味がある」と同じように、知識も循環させてこそ血肉になる。

アウトプットが大切な理由を再確認したら、本編へ。

実践的アウトプット方法へと進みます。

アウトプットすべきことは、3つだけ

  1. 何が書いてあった?
  2. そこから何を学んだ?
  3. それをどう活かす?

この要約3本柱で、アウトプットしていくと良いのだそうです。

3つをアウトプットするときのポイントは、自分の言葉に置き換えてみること。

早速この本を読み終わった後、要約3本柱を中心に、自分の言葉でアウトプットすることをはじめてみました。

ふっこ
ふっこ
この記事もそのひとつだよᐠ(  ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ

藤井さんのアウトプットフォーマットも載っているので、真似することからはじめられます。

わたしのように、数々のアウトプット本を読んでも、なかなか行動に移せなかった人へ、心の底からおすすめの1冊です。

Kindle Unlimited対象作品だよ。

『習慣化は自己肯定感が10割』

 

「習慣化・朝活・自己肯定感」の1パッケージ本

 

こんな人におすすめ
  • 続けたいことがある!でも続かない人
  • SNSで人と比べて落ち込みがちな人
  • 今の自分から変わりたい!人
  • 朝活をはじめたい人

続けたいことがあっても(わたしの場合は運動)どうも続かない( ´•௰•`)

そのうち続けられない自分に嫌気がさして、最終的に「そもそもなんで習慣化しようとしてるんだっけ?」ってなる人(わたし)の指南書です。

ふっこ
ふっこ
中のイラストがかわいいくて楽しく読めるよ。

習慣づくりに大切なことは、4つです

  1. その習慣、本当の目的は?
  2. 「ま、いっか」の精神
  3. わたしの人生、わたしが主役♡
  4. SNSを上手に使って報告だ!

できそうなことから、早速やっていきますよ。

④は、インスタグラムのストーリーを使うと気軽にできて良いです(実践中)。

習慣化の目的を深掘り→自分軸に沿って実行→自己肯定感も高まる→いつの間にか習慣化できてる。

こんな理想の流れが叶いそうな1冊です(あとは自分次第)。

朝活・朝時間に興味ある人は必読!

本の中の「朝は、生きがいを創造する時間」という一文が大好きです。

  • 朝活に何をやったらいい?
  • そもそも朝時間って何がいいの?

朝活に興味があるけれど一歩を踏み出せない方は、ぜひ3章から読んでみてください。

そして…わたしも含め、

ふっこ
ふっこ
もう朝活してるよᕙ( ˙-˙ )ᕗ

という方もぜひ。

より1日が、毎日が充実する朝活how toが満載です。

習慣化も朝活も、こういうことは楽しんでやった人のもの♡

きっとそれが、自己肯定感をいい感じで高めていけるのだと思う。

「これできそう!」の直感とともに、トライ&エラーを繰り返して、自分の人生を創っていこう。

そんなことを学んだ1冊です。

created by Rinker
中島輝 学研プラス 2021年7月8日




今週から連休→夏休み(お子さんの!)を迎える方もいらっしゃいますよね。

『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』は、毎日3食ご飯づくりを頑張る方へ。

そして『習慣化は自己肯定感が10割』は、夏休みに早起きを身に付けたい(お子さんも!)方へ。

ちょうど、7月から8月におすすめの本だなと思っています。

ぜひ、夏のステイホームのお供に(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)

では、また!ふっこ(@fucco0316)でした。

この記事で紹介した本全5冊まとめ

 

ミニマリストを目指すなら読むべき本【おすすめ5選/コスパ良すぎ】 ども、ミニマリストふっこ(@fucco0316)です。 今回はこんな質問にお答えします。 この記事に書いてあること...
【片付けがすすむ本】整理収納アドバイザーが厳選7冊を紹介します。片付けが楽しくグイッとすすむ、そんなおすすめの本が知りたい。でも、読書が苦手だから読みやすい本がいいな。そんな人へ、整理収納アドバイザーで、年間100冊以上本を読むわたしが、厳選の片付け本7冊を紹介します。...